FX 初心者 入門

FX口座に入金・出金する方法

FX口座への入金、FX口座からの出金は、FX業者がもっている銀行の口座へ振り込むあるいは、FX口座を開設するときに指定した、自分の銀行口座に出金してもらうことが出来ます。

 

 

入金をする場合には、銀行やATM、ネットバンキングから振り込むことが可能で、FX業者が持っている銀行の口座に振り込むことになります。業者によっては、振込時の振込人名が指定されている場合があります。あるいは、FX業者によっては、振込後に電話連絡が必要な場合もあります。

 

 

 

 

FX口座へ入金をした場合、振込が終わった翌日には、自分のFX 口座にその金額が反映されています。FX口座には、追加で入金することもできますので、最初のうちは最低金額で取引を行いましょう。慣れてきてから金額を増やす、という心積もりをしておくと良いでしょう。

 

 

FX口座からの出金は、FX口座を開設するときに指定した、自分の銀行口座に出金してもらうことが出来ます。最近では、取引画面から出金手続きが行えるようになりましたので、非常に便利です。

 

 

FX口座からの出金は、たいていは翌日には出金してもらえますが、FX業者によって手続きの日数が異なる場合があります。自分が資金が必要なタイミングを、事前に確認しておきましょう。

 

 

FX口座の開設

 

FX口座の開設は、郵送、インターネットのいずれかで、行うことが出来るという業者が多いです。開設申込書は、難しいことを聞かれるわけではなく、住所や氏名など書きなれた内容が多いです。

 

 

書くことが多くて、不安になってくるのは事実ですが、項目ごとに『聞かれたことに答える』ことを繰り返していけば、大丈夫です。

 

 

FX口座開設にあたっては、住所や氏名、職業、年齢、メールアドレスなどを聞かれます。特に、インターネット申込をする場合には、メールアドレスは、後で利用しますので打ち間違えないようにしてください。

 

 

また、口座を開くためのパスワード、本人確認の書類は何を送るか、また出金するときの振込口座なども、間違いなく入力しましょう。

 

 

一つだけ、申込が通りやすくするためのポイントとしては、「外国為替保証金の取引がない」と答えると申込が通りにくいFX 業者もあるのは事実です。できれば、1 年以上と入力しましょう。

 

 

 

 

 

インターネット申込を済ませた後に、【正式な口座申込書(契約書)】【本人確認書】を取引業者に送る、という必要がある場合もあります。この後、FX業者が利用者の審査をしますが、『多額の負債などを抱えている』といった場合でなければ、審査が通らない、ということは、滅多にありません。

 

 

まずは資料請求

 

FX取引を行うためには、FX業者にFX口座を開く必要があります。この申込は、ほとんどがインターネット上でできます。しかし、開設手続きをとる前に、是非とも【資料請求】をしてみましょう。

 

 

【資料請求】をすると、郵送などで資料が送られてきます。すると、インターネット上の情報だけでは、読み飛ばしや、わかりづらい点が生じることもあっても、落ちついて資料を読めば、わかることもあります。

 

 

また、資料請求に応じてくれるスピードなども、FX業者が利用者にたいして丁寧、迅速であるかどうか、判断する材料となります。【資料請求】は、FX業者のホームページで、【資料請求】を受け付けていれば、そこから申し込めます。

 

 

また、まれにですが、資料請求後に「届きましたか?」と確認の電話がくることがあります。これは、業者名を印象付けるための戦略でもあります。実際に届いた資料をゆっくり見たり、複数の業者の資料を比べてみると、自分にあった業者がきっと見つかります。

 

 

FX口座は、銀行口座と同じようなものです。開設手続も、特にネットバンクに口座をお持ちの方は、それと同じように、FX口座が開設できます。FX口座を開設する方法は、郵送、インターネットの2つがある業者が多いので、自分にとって便利な方法を選べば良いでしょう。

 

 

口座情報について

 

FX取引を行うには、自分にとって適切な量のポジションを持って、取引を続けるということが必要です。また「口座情報」の内容を把握しておかないと、過剰な量のポジションを持ってしまう場合もあります。口座情報には、様々な有益な情報がかかれています。

 

 

【口座資産】の欄には『口座に預け入れた金額から損益を差し引いた金額』が書かれています。【評価損益】の欄には、現在保有しているポジションがある場合に、そのポジションの評価損益金額が記載されています。そして【預り評価残高=口座資産−評価損益】が表示されています。

 

 

 

 

他にも重要な情報があります。【マージンコール値】は、マージンコールになる金額のことです。また【ロスカット値】はロスカットになる金額のことです。これら2つの値を抑えておくことは、常に心がけましょう。マージンコールをされた段階では、追加保証金をFX口座に入金するということは、可能です。

 

 

しかし、レバレッジを高く設定していた場合には、一晩で証拠金が吹っ飛ぶということも有り得るため、追加保証金の入金が間に合わない、という事態もあるのです。マージンコールされてから焦るのではなく、自分から確認するという癖をつけましょう。

 

 

 

始める前のデモトレード体験

 

実際のFX取引を始める前に、まずFXデモトレードを利用して、FXを体験しておくと良いでしょう。FXデモトレード(バーチャルFX)とは、実際のお金を使わず、仮想マネーを利用して、FX(外貨証拠金取引)を体験してみようという初心者向けのシステムです。

 

 

FXデモトレード(バーチャルFX)は、正式には『外国為替取引仮想売買システム』といい、外為業者が提供する仮想口座(デモ口座)を利用して、仮想マネーを使って、実際の取引を体験できるシステムです。

 

 

大手の外為業者であれば、たいていの企業が導入しています。FXデモトレードで体験しておくと良いのは、高いレバレッジを設定した場合に、強制ロスカットになってしまう、ということです。

 

 

実際の取引でロスカットをされてしまったら、莫大な損失を被りますが、仮想マネーを利用してのFXデモトレードならば、自分の懐には響きません。この時点で、強制ロスカットを体験しておきましょう。

 

 

また、実際の取引においては、想像以上に値動きの速い「相場」というものに、翻弄されてしまう初心者の方が、意外に多いものです。

 

 

FXについて、机上の学習を積んで、知識を得ておかないと、成功することが難しいのですが、一方で、机上の学習だけではなく、『体感する』という点では、デモトレードという手段は優れています。

 

 


FX無料レポート トレードスタイル FX取引の準備 FX業者の選び方 管理人のプロフィール