FX 初心者 入門

メルマガ版:0から分かる超初心者のためのFX入門

管理人の「FX脱サラ男」が配信する日刊メルマガです。
総部数 72000部 突破!

メルマガ購読・解除
 

まぐまぐ殿堂入りメルマガに認定されました^^

いち早くオトクな情報を毎日配信していますので、ぜひ!

コスト意識を持つ

FX業者に、利用者は手数料を支払います。手数料は【儲けを得るためのコスト】だという意識を持ちましょう。FX業者を選ぶ段階から、コストを意識することが大事です。

 

 

たとえば、為替差益をコツコツと出していく、デイトレードやスキャルピングトレードの手法で、FX取引をするならば、ポジションをとるたびに手数料を払うのは、コストがかかりすぎる、ということになります。手数料の安い、あるいは無料の業者を選ぶべきでしょう。

 

 

また一方で、多額の投資金を投じて、FX取引を行う場合には、取引が安全に行われるほうが良いでしょう。
また、長期にポジションを保有するような方法も、同じように安全な業者を選ぶことが大事です。

 

 

 

 

こういう場合には、手数料を払ってでも、安全でなおかつ、資金面や規模面で、安定度の高いFX業者を選びましょう。また手数料をとることで、利用者へのサービス・サポート体制を充実させているFX業者もあります。

 

 

相場情報が充実しているのは、手数料を取っているからこそできるサービスであり、手数料が無料の業者は、相場情報の充実まで手が回っていない、という場合もあります。手数料のありなしだけではなく【どういうFX取引をするか】を基準にFX業者を選ぶのがよいでしょう。

 

 

トレードスタイルの選び方

 

FXだけでなく、株取引なども含めて『デイトレード』を行う人々の存在が、広く知られるようになってきました。
しかし、デイトレーダーに厳しい目を向ける人もいます。私としては、『デイトレード』を職業とするのは、悪いことではない、と思います。

 

 

デイトレーダーを厳しい目で見る意見の一つに『人とのつながりを持ちたくない』という人が、自宅からであるかず、ひたすらトレードを行っているだけの日々を過ごしているといったイメージが、大きな理由となっているように、見えます。

 

 

しかし、介護や育児、疾病などで、本当に出歩くことや、働くことが困難な人が、自分でお金を得る手段があるならば、それは素晴らしいことです。もちろん『他人との接触を避けたいため』だけに、デイトレードを職業とするのは、空しい生き方だとは、言えるかもしれません。

 

 

しかし、会社に勤める、自営業をするといった場合でも、仕事中は仕事に集中しているはずで、人とのつながりを年中意識しているわけでは、ありません。FXには、様々なトレードのスタイルがあります。

 

 

デイトレードだけではなく、長期にポジションを保有してスワップを受け取る、という取引方法もあります。FX取引に集中しすぎて、社会的な活動が制限されるというのも、おかしな話ではありますが、自分にあったトレードスタイルを見つけ、資金を稼ぐための手段としては、FXは優れた方法です。

 

 

まずは余剰資金の範囲内で投資

 

FXはロスカットを徹底できるかどうかが、成功・失敗の分かれ目となります。これが出来るようになるまで、自分のもつ【余剰資金】の範囲内で、FX投資をすることを、強くお勧めします。その資金がなくても、生活が成り立つという範囲内でFX取引をしていると、ロスカットが徹底できます。

 

 

損失を出した場合に『回復するかもしれない』という望みを持ってしまうことが、逆にロスカットのタイミングを遅れさせ、大きな損失、あるいはFX業者による強制ロスカットといった、重大な事態を招くことになるのです。

 

 

【余剰資金】の範囲内で取引を行っていると、損失が小さいうちに『高い勉強料を払ったけれど、次に頑張ろう』という気持ちになれるものなのです。しかし、生活がかかっているような状態で、初めからFXに取り組むのは、よくありません。

 

 

大きく損失を出してしまうと、金銭的・精神的なダメージが、あまりにも大きすぎ『次』の機会を設けないまま、FXから遠ざかってしまう、という場合もあります。FX初心者のまま敗退してしまうのか、あるいは損失を乗り越えて、トレーダーとして成長していけるのか。

 

 

この分かれ目は、初めに書いたとおり、ロスカットの徹底ができるかどうか、にあります。ロスカットの徹底をするためには、まず【余剰資金】で精神的な余裕を持って、FXに取り組むことにしましょう。

 

 

初めは誰でも初心者

 

FX取引は【初心者向けの取引ではない】と言われることがあります。これは、正しい面もあります。投資に関して初心者である間には、損失に対しての認識・危機感が非常に甘いものです。このため、FXのようなリスクの大きい取引が初心者向きでないとされるのは正しいといえるのです。

 

 

しかし、初心者であるのは、初めのうちは誰でも同じです。いつまでも、FX取引をしなければ、永遠に初心者のままです。できれば、外貨預金や投資信託といったものだけではなく、日本国内の株取引を事前に経験するということは、非常に有効です。

 

 

 

 

投資への慣れを、比較的安全な状況で行ってみる、ということは、投資の種類は違えども、非常に有効なのです。そして、FXデモトレード(バーチャルFX)というツールが、FX業者から提供されていますので、これも体験してみましょう。

 

 

特にFXデモトレード(バーチャルFX)で有効なことは、強制ロスカットを体験しておくことです。一気に口座の資金がなくなってしまう、という体験を、実際のお金でするのは、すごく大変な事態を招きます。

 

 

そのため、FXデモトレードで仮想マネーを使っている間に、是非とも体験しておきましょう。こうして、リスクヘッジの意識を持つことで、初心者を脱皮して、FX投資家として成長していくことが出来ます。

 

 

損切り(ロスカット)の徹底

 

FXに限らず投資の世界では「損失は小さく、利益は大きく(損小利大)」という考え方があります。FXで成功するためには、損切りを徹底しなければなりません。FX初心者が失敗してしまうのは【損切り】のタイミングが遅すぎる、という点です。

 

 

FXトレードを行っていくと、必ず【含み損】を経験することになります。【含み損】があっても、まだポジションを決済したわけではないのは、事実です。しかし、初心者が業者による強制ロスカットにあってしまうのは、自主的な【損切り】のタイミングが、遅すぎるため、というのも、理由の一つなのです。

 

 

投資初心者にもわかるような【含み損】が生じているなら、プロのトレーダーは、外貨が下落していく傾向を、つかんでいます。そのため、様子を見つづけても、【含み損】は小さくなるどころか、どんどん増えていく場合のほうが、多いのです。

 

 

投資の世界で成功する法則『損小利大』を実践していくためには自主的な【損切り】を徹底し、損失が大きくならないようにする、ということが大切なのです。また、利益確定に関しても、初心者のうちは遅くなる傾向があります。

 

 

これは『もう少し、利益が大きくならないかな・・・?』という期待に基づくものです。しかし、それがデータに基づく、ある程度確かな『予測』でない限りは、利益確定のタイミングを逃すことにつながります。

 

 

メルマガ版:0から分かる超初心者のためのFX入門

管理人の「FX脱サラ男」が配信する日刊メルマガです。
総部数 72000部 突破!

メルマガ購読・解除
 

まぐまぐ殿堂入りメルマガに認定されました^^

いち早くオトクな情報を毎日配信していますので、ぜひ!

FX無料レポート トレードスタイル FX取引の準備 FX業者の選び方 管理人のプロフィール