FX 初心者 入門

メルマガ版:0から分かる超初心者のためのFX入門

管理人の「FX脱サラ男」が配信する日刊メルマガです。
総部数 72000部 突破!

メルマガ購読・解除
 

まぐまぐ殿堂入りメルマガに認定されました^^

いち早くオトクな情報を毎日配信していますので、ぜひ!

「休みも相場」とは

FXに限らず、投資の世界では【休みも相場】という言葉がよく使われます。『休みを取ることも、相場への取り組みのうちの一つ』という意味です。

 

 

損失が続けて出たり、レートの動きが予測できなかったり、する場合には、無理に取引しないで、休養を取るということ、これが「休み」の効果です。

 

 

判断力が鈍っているときには、取引をしないこと。取引しなければ、損失も利益もなく、資金を減らす心配はありません。下手に取引に参加すれば、損失だけだして、資金を減らしてしまいます。

 

 

休みを満喫して、疲れが取れてから、新しい気持ちで相場に向き合えば良いのです。特に、損失を出した後には、『すぐにでも、損失を取り返そう』とせずに、休みをいったん取ることにしましょう。いわば『精神面でのロスカット』を行うのです。

 

 

そうすることで、【後悔】という感情だけではなく、今後に活かすことのできる【反省】が生まれてくることになります。損失を出したということは、自分の適用してきたルールが、時勢に合わなくなっているのかも、知れません。どこがいけなくなったのか、【反省】をして、新しいルールを作っていきましょう。

 

 

また、次に取引を再開する場合には、通貨量を低くして、損失を被っても小さくて済む状態にする、ということが大事です。

 

 

それでも損失を出すこともある

 

FX取引を行っている人の大半は、FXで損失を出した経験があります。しかし、損失をだれもが出しているにもかかわらず、長い目で見ると利益を上げ続けていく人と、資金を失ってしまうほどの損失を出してしまう人に、分かれていくのです。

 

 

この【分かれ目】は、どこにあるのでしょう?【分かれ目】は、損失を出したときのトレードの仕方にあります。まず賢い投資家は、損失を出した後には、少しでも通貨量を少なくします。こうすれば、次に損失を被ったとしても、小さい損失です。こうして、資金面、精神面を楽にするのです。

 

 

 

 

 

また、自分の築いてきたルールを見なおすことも必要です。ルールは、永久不変のものではなく、時々は見なおすということが、必要です。

 

 

今までは上手く行っていたルールであっても、今回、損失を出したということは、現状に合わない、利益の出ないルールになっているのかも、しれません。こうした場合には、取引に関して、自分で感じたことをノートに書きだして、反省をするということが大事です。

 

 

こうして、自分のルールを、新たな利益が出せるルールに変えていくことができるのです。FX取引には、損失はつきものと割り切り、冷静に反省をして、次につなげましょう。

 

 

レバレッジを抑える

 

FX取引は、少額の証拠金を元手に、レバレッジをきかせて、大きな金額の取引をする、という仕組みの取引です。初心者には注意が必要な点があります。それは、レバレッジを高くすると、損失を出した場合のリスクも高くなる、ということです。

 

 

レバレッジは1倍にすることが、一番リスクを抑えることができます。しかし、それですとFX取引の醍醐味を味わえない、というのも事実です。リスクに耐えられるようにするには、およそ3倍程度のレバレッジまでにしておくとよいとされています。

 

 

たとえば、証拠金が50万円あれば、「ドル/円」「円/ドル」のペアで、1 万通貨の取引が出来ます。レバレッジを3倍にしておくと、相場変動20%ぐらいまでは耐えられ、マージンコール、ロスカットの心配がなくて、安心です。

 

 

もっと為替の変動が激しい通貨の場合には、20%以上になる場合には、レバレッジを2倍にするくらいが、ちょうど良いでしょう。初心者のうちは、「もうちょっと狙えそうだ」という気持ちを抑えることを、心がけてください。

 

 

特にレバレッジは抑えること。いきなり、400倍と言った高いレバレッジをかけられる業者を選ぶようなことは、しない、ということも必要です。

 

 

季節的なリスク

 

FXは24時間取引が可能ですが、一年を通してみれば、市場は様々な行事の影響を受けています。たとえば、決算期、ボーナス、お盆、クリスマス・・・、これらの影響は、FX市場にも及んでいるんですよ。こうした季節的な要因がどういう風に市場に影響を及ぼすのか、考える必要があります。

 

 

一般的には、休日というのは、その国では市場が休みです。世界のどこかで市場が開いているとしても、その国の人々は、FX取引に消極的です。

 

 

時差の関係もありますので、日本人が夜、眠っている間や、日本が週末を迎えていて、のんびりしている間にも、どこかの市場で暴落・暴騰が起こってしまうというケースもあります。そしてまた、休暇・祝日と一口に言っても、世界各国で受け取る意味合いが異なります。

 

 

 

 

 

たとえば、日本の盆休みは、欧米でも夏季休暇を取る人が多く、市場は「夏枯れ市場」と言われます。しかし、感謝祭(11 月後半)やクリスマス(12月)は、アメリカにとっては、重要な休日になりますが、そうでない国もあります。こうした「季節的なリスク」についても、知っておくことが、賢い投資につながります。

 

 

先に書きましたが、時差の関係などで、日本人にとっては週末であったけれども、世界的に見れば市場は動いているということもあります。こうした場合に、暴落の影響をもろに受けて、損失を背負ってしまう人も、います。

 

 

暴落のリスク

 

FXで怖いのは、為替相場の【暴落】です。【暴落】というのはいつ起こるか分からないので、事前に対処しておくことが出来ないというのは、間違った思い込みです。

 

 

まず、【暴落】は過去に何度も起きていますので、それらのサイクルから、次の暴落を予測する、ということもある程度できますし、必要です。できればFX取引を始める前に、【暴落】について知ることをしましょう。

 

 

前回あった暴落がいつ起こったのか?その暴落のあとの数か月間はどういったレートの動きだったのか?これらを参考に、次の【暴落】について予測をしましょう。

 

 

今までの暴落のときと、完全に同じ為替の値動きをする、というわけにはいきませんが、似たような動きをすることも有り得ます。そして、それでも暴落をしてしまったら、「買い」ポジションは早く損切りを行います。

 

 

今以上の損失を出さないようにします。『回復するかもしれない』という素人の楽観的な思いは、ほとんど叶わないのが【暴落】という場面です。逆に「売り」ポジションの場合には、利益を出すチャンスです。実際、暴落でたくさんの利益を出している人もいるぐらいです。

 

 

2007 年8 月に起こったサブプライムローン問題に伴って、急激な円高・ドル安となったことは、まだまだ記憶に新しいですね。このときに「稼いだ人」「損を出さなかった人」もいるのですよ。

 

 

メルマガ版:0から分かる超初心者のためのFX入門

管理人の「FX脱サラ男」が配信する日刊メルマガです。
総部数 72000部 突破!

メルマガ購読・解除
 

まぐまぐ殿堂入りメルマガに認定されました^^

いち早くオトクな情報を毎日配信していますので、ぜひ!

FX無料レポート トレードスタイル FX取引の準備 FX業者の選び方 管理人のプロフィール