FX 初心者 入門

FXがここまで注目を集める理由

FX取引は、投資家の注目を集め、株取引より人気が出てきています。FXは初心者向きではなく、怖いというイメージがあったのも事実ですが、現在これほどの人気となっている理由は、一体なんでしょうか?

 

 

大きな理由として、【FX 業者が増えている】【悪質なFX業者の排除が進んでいる】ということが、あげられます。かつて、FX取引は、銀行でしか取扱が出来ませんでした。そして銀行は、資金の少ない投資家には、FX取引を行うための口座を作ってくれず、個人投資家がFXに参入できない、という現実がありました。

 

 

 

 

しかし、1998年に「外国為替及び外国貿易法」(通称、外為法)の改正によって、FX取引の取り扱いが、銀行以外にも許されるようになりました。

 

 

このときから、FX業者が増え、個人投資家はFX業者に歓迎されるようになりました。しかし、問題も起こりました。いわゆる【悪質業者】が増えて、FXには悪いイメージがつきまとうように、なったのです。

 

 

しかし、平成17 年に改正金融先物取引法により、FX取引を扱う業者には、政府に登録する義務が与えられました。これによって、悪質な業者は排除され、個人投資家は安心してFX取引を行うことが出来るようになったのです。

 

 

FXでの儲け方

 

FXに限らず、商売の基本は『安く仕入れて、高く売る』です。FXでもこの基本を活かす事ができます。【外貨が安いときに買っておいて、値上がりしたときに売る】ということを基本として押さえておきましょう。

 

 

例えば、1 ドル100 円のときに1 万ドル買います。円は100万円必要です。

 

そして、1 ドル110円になったときに、1万ドル売ります。

 

このとき、1 万ドルは110万円の価値になっていますので、10万円の利益が出ます。

 

 

これが基本的な方法です。『レートの上がり下がりを、うまく予想する』ということ、これが大事になってきます。また、FX独特の方法として、【『売り』から始めることができる】というものがあります。

 

 

私たちがFX口座に預け入れるお金は、日本円です。円高(外貨が安い)でも、儲けが出せる方法が、FXにはあります。それは、「高く売って、安く買う」ということです。

 

 

たとえば、手元に米ドルは持っていない場合に、米ドルを外国為替市場から借ります。1万ドルを借りたとしましょう。1 ドル=110 円のときに、借りた1万ドルでは110万円分の日本円が買えます。1 ドル=100 円になったときに、1 万ドルを外国為替市場に日本円で返します。このとき、返す金額は1 万ドル×100 円で、100万円です。

 

つまり、始めに借りてきた110万から、後で返す100万円を差し引いた金額が、あなたの取り分=利益となるわけです。

 

 

FXは外科預金よりも得

 

FXと外貨預金とは、どう違うのでしょう?まず、大きな違いは外貨預金が「預金」であるということです。為替レートが0円にならないかぎり、資金を全て失うということには、ならないのです。為替レートが0円となるのは、その国が破綻したということになりますので、「余程の事態」であるといえるでしょう。

 

 

FXは証拠金を預けます。さらにこれにレバレッジをかけて、取引をします。証拠金の金額が少額であっても、大きな資金を動かす取引ができます。逆に言えば、為替の変動によっては証拠金が吹っ飛ぶだけではなく、FX業者に対して借金を背負ってしまうという場合も、有り得ます。本当に、得な商品なんでしょうか?

 

 

FXと外貨預金を同じリスクで考える場合(レバレッジを1倍とする場合)を考えます。この場合、証拠金不足を心配する必要がないのです。なぜならFX取引では「証拠金の金額だけ外貨を買う」ことになるため、レバレッジ1倍の場合には、証拠金が不足するということはありません。

 

 

また、FXのスワップ(毎日もらえる利子)は、外貨預金の利子と比べるとはるかに得です。FXのほうが手数料がはるかに安いということも言えます。こう考えると、FXのほうが得な取引方法だと言えますね。

 

 

FXは株より人気

 

FXは投資初心者向けではない、と言われています。しかし、株などの投資経験がある人の中には、たとえば株取引からFX取引へ変わるといった人が増えています。その理由として、【自由な時間に取引できる】【少額の資金で取引できる】などの理由があります。

 

 

まず、【自由な時間に取引できる】のはなぜか?これは、FX取引は『世界中の外国為替市場で行われている』からなんです。外国為替市場というのは、実は特定の一ヶ所(ある建物、ある都市といった)に人が集まる、という取引形態は、FXでは行われていません。

 

 

 

 

FXの市場は、世界の主要な都市にあります。その都市間で時差があるため、結果として、24時間取引することが出来るのです。また、【少額の資金で取引できる】という点もFXの魅力です。

 

 

株取引の場合、株の売買に大きな資金が必要となります。また、株取引を始めるにあたり、資金として300万円程度、用意しなければならないのです。これに対して、FX取引は1万円からはじめられるという点が、大きな魅力です。

 

 

専業トレーダーにとっては、24時間取引が出来るFXは、株よりも儲かるチャンスが多くなる、といえます。
そのため、専業のトレーダーには、FXが人気となっています。

 

 

他の金融商品との違い

 

FXは、他の金融商品よりも、高い人気となっています。FX以外の金融商品というものは多数存在します。たとえば、株、先物取引、外貨預金、外貨建てMMF・・・といったものです。

 

 

これらのものと、FXとの違いとしては、【24 時間取引可能】【少額の資金で多額の資金が扱える】【手数料が安い】【毎日、スワップ(利子と考えてください)がもらえる】などが、挙げられます。【24時間取引が可能】ということは、なぜなのでしょうか?

 

 

これは、FX取引は『世界中の外国為替市場で行われている』からなんです。外国為替市場というのは、『外国為替を取引できる場』のことですが、実は、どこか特定の場所を指しているわけではありません。

 

 

日本の株式市場のように、『特定の場所(ある建物、ある都市、といった)に人が集まり、取引をする、という場所は、FXにはないんです。このため、FXの市場というのは、世界の主要な都市にあります。

 

 

都市間で時差があるため、結果として、24 時間取引することが出来る、というのが【24時間取引可能】ということの理由です。このことで、たとえば本業がサラリーマンであって、夜間しか取引が出来ない、という人も、FX取引ができることになります。

 

 


FX無料レポート トレードスタイル FX取引の準備 FX業者の選び方 管理人のプロフィール