トレンドラインPro検証と評価(実践ライントレード手法)

どのような手法でトレードするにしてもライントレードは極めておくべきだと思います。

ライントレードのやり方を学習することで、手法としても環境認識としても使えるので裁量トレードはもちろんですが、シグナル系のFX商材を使ったトレードでも役立つことは間違いありません。

ライントレードのような「どの通貨ペアでも・どのような取引スタイルでも」通用する基礎をマスターすることで今後何年先も生き残れるトレーダーに成長できるはずです。

「理解しているつもり」をやめて、「稼げていない=理解できていない」と認めることから一歩を踏み出して、負けトレーダーから脱出していきましょう。

そんなわけで今回はライントレード系商材のトレンドラインProをご紹介します。

最強のツールトレンドラインPro

裁量トレードでラインを使ったシンプルな手法は、最近注目されているようですが、やはり世界中のトレーダーが注目するラインはトレードにおいて優位性があり、使い方次第では大きく稼ぐ為のツールとして役立ちます。

今回紹介するトレンドラインProは、MT4チャート上に自動でトレンドラインを引き、短期ラインと中期ラインの太さを変えることで視覚的に判断しやすくなっており、より強いサポートラインやレジスタンスラインを判断することが可能になっています。

チャート背景の黒と灰色の太いラインは、10pipsと100pipsで色分けしており一目でどの程度ボラティリティがあるのかなどチャートを確認するだけで判断できる工夫がされています。

それ以外にも、何度も意識されて抜け切れなかった高値や安値にサポートラインやレジスタンスラインを自動で引き、矢印サインと自動アラーと機能も搭載されたインジケーターで、一見するとシンプルなのですが、細部まで考えぬかれたチャートデザインとなっています。

意識されたトレンドラインをブレイクでエントリーを行い、トレンドラインを逆にローソク足が抜けて矢印サインで利益確定。非常に判断しやすいMT4インジケーターですね。

トレンドラインProのラインを使ったトレード手法というのは、どの通貨ペアや時間帯にも対応することができ、1つの時間帯だけでなく、複数の時間足で表示させてマルチタイムフレーム分析を行う事により、更に勝率を上げてトレードすることが可能になります。

トレンドラインProのおすすめ使い方

一番のオススメの方法は、日足、4時間足、1時間足の上位時間足で全体の流れを把握して、トレンドの発生状況やチャートポイントを探し、執行時間軸となる5分足や15分足でラインブレイクやロールリバーサルの最終的なエントリーチャンスを待つ手法。

とても王道的なロジックになるのですが、この裁量手法をマスターすることにより、どの通貨ペアでもトレードすることができ、トレードスタイルに関係なく、スキャルピング、デイトレ、スイングトレードなど、時間足を変えるだけで対応できるようになり、一生涯通用するトレード技術を身につけることも可能です。

トレードをサポートするMT4インジケーターを手に入れ、ライントレードを徹底的に極めてみるのもいいかもしれませんね。

トレンドラインProの内容

トレンドラインProの商品内容は

  • 専用のMT4インジケーター
  • 43ページのマニュアル
  • ライントレードメール講座
  • 動画による実践トレード解説
  • サポート

ダウ理論や基本を学び、実践的なライントレードを身につけることにより、どういった相場でも対応できるトレードスキルを磨くというのはとても重要なことです。興味があれば詳細を確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA